旭川は北海道の第2の主要都市!移住後の生活・仕事徹底解説

スポンサーリンク
仕事
この記事は約6分で読めます。

札幌に次ぐ第2の主要都市!旭川ってどんなのところ?

北海道の移住先として真っ先に候補にあげられるのが札幌ですが、実は第2の都市として、旭川も密かに人気があるのを知っていますか?

冬は極寒で大量の積雪である一方で、程よく栄えており自然と都市の共存が実現されている旭川では、また札幌と違う住みやすさや便利さが望めます。

本記事ではそんな旭川へ移住した後の生活や仕事、後悔しない移住準備について徹底解説を行っていきます。

旭川の基本情報

まずは詳しい解説に入る前に、旭川の基本情報をご覧ください。

  • 人口:329,784人
  • 面積:747.66m²
  • TEL:0166-25-6212
  • FAX:0166-27-3466

旭川の特徴

第2の主要都市として知られている旭川ですが、実際はどのような特徴があるのでしょうか。

まず真っ先にイメージされるのが、厳しい冬の寒さと積雪量だと思います。

旭川は北海道の歴史上の最低気温である-41度を1902年に記録しており、道民であれば誰でも知っているほどの極寒の街です。

しかし2020年の最低気温は-25.7度といくらか落ち着きを見せています。

北海道のほぼ中心に位置し、周りを山々に囲まれ、多くの河川が街中を流れる自然豊かな土地である一方、中心地は非常に栄えており、暮らし、ビジネスともに不自由なく自然と共存できるのが特徴です。

旭川の家賃相場

まずは移住の際に最も重要になってくる、住居について解説をしていきます。

旭川の家賃相場を、おおまかなタイプ別にまとめてみました。

  • ワンルーム:5万円
  • 1K:5.1万円
  • 1LDK:5.4万円
  • 2LDK:6.7万円
  • 3LDK:7.6万円

(出展元:スーモhttps://suumo.jp/chintai/soba/hokkaido_/sc_asahikawa/)

旭川のタイプ別の家賃相場は上記の通りです。

旭川の家賃相場に関して、1ルームや1Kの場合、札幌と比較してもそこまで変わらず、割と高い値段なのが現状です。

ただ一方で、1LDK以上となると札幌と比較して、非常に安くなっており、家族連れで多い部屋数を確保したい方などへは、おすすめの移住先と言えます。

4LDKでも10万円を切るため、家族4人暮らしの方や、将来的に4人暮らしを想定しているのであれば、比較的安い料金で部屋を見つけることができるでしょう。

旭川での仕事情報

旭川の企業売上ランキングを見てみると、建設業が多く名を連ねている特徴があります。

北海道は土地が広いため、多くの建設企業が存在しますが、その中でも旭川は特に建設業の勢いがある街なので、体力に自信のある人や、一生涯役に立つ職人技術の取得を目指す人とは相性が良いでしょう。

またこの他にも、主要都市としての機能もしているため、各大手の子会社や支社が多くあるのも特徴です。

詳しくは、以下の「旭川の仕事情報」のページに記載していますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

旭川のメリット・デメリット

実際に本格的に旭川へ移住を検討している場合、一旦踏みとどまってメリットやデメリットをしっかりと把握してください。

筆者も何度か旅行で旭川を訪れましたが、実体験や知人からの意見を見ると以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

地方都市としては非常に発展しており、基本的に生活に不便は感じないと言えます。

駅前はもちろん栄えていますが、それに加えて一般の市街地付近にもスーパーやコンビニもありますし、病院の数も多いので、子供が体調を崩してもすぐに医者にかかることができます。

また自然に囲まれているものの、自然災害の発生が非常に少ないため、安心して暮らすことができるのも、一つのメリットとして多くの声が上がっています。

このように適度な自然と都会の共存が実現されている旭川では、安定した勤め先や大きなプロジェクトが見込める仕事に加え、子育てに必要な自然もあるため、家族みんあで安心して暮らせることができます。

デメリット

一方でデメリットとしては、以下のような声が目立ちます。

最も多いのは、冬の不自由さが上がっています。

寒すぎるあまりバッテリーが上がりエンジンがかからなかったり、公共交通機関の遅延は起こりやすいなど、移動すらままなりません。

また一軒家の場合、1日に2~3回ほど雪かきをしなければならないなど、冬は非常に厳しいのが現実です。

また地下鉄などもないため、交通の不便さは否めなく、自家用車の所持はほぼ必須と言えるでしょう。

そのため、旭川へ移住するのであれば、冬への適応力とある程度のドラビングスキルは必要になってきます。

北海道の年収が低くても大丈夫!副業アプリを駆使して月プラス5万円を実現!

北海道で転職先を見つける際、どうしても年収の低さが気になる人が多いでしょう。

確かに平均年収が低いものの、探し方によっては高年収好待遇な転職先も見つけられます。

しかし転勤などの会社都合や、住むエリアに寄って高年収の企業への転職のケースが難しいケースも否定できません。

そんなときはパソコン一台でできる副業を上手く並行し、月収プラス5万円を目指していきましょう。

  • クラウドワークス
  • ココナラ
  • A8.net(アフィリエイト)

クラウドワークス

クラウドワークス、国内最大のクラウドソーシングサイトです。

プログラミング、ウェブライティング、データ入力など様々なジャンルの副業を取扱、誰でも簡単に始められます。

(筆者はここらスタートし、1年後には月商50万円を達成し独立しました)

案件の多さはもちろんですが、仕事の探し安さや契約手続きがスムーズなど初心者でも迷うことなく利用が可能です。

まずはプラス1万円を目標に、クラウドワークスでの副業も検討してみて下さい。

お仕事の種類は246種類!あなたにあった在宅ワークが見つかります。

ココナラ

同じくココナラもパソコン一台で自宅から出ずに副業を開始できます。

ココナラは自分のスキルを出品し、それを利用したいひとが購入するシステムです。

仕事のカテゴリーは200以上と多く、お悩み相談や趣味の雑談など知識やスキルが無くても気軽に始められます。

スキマ時間でも利用しやすいので、自分の好きをお金に変えたい人は登録し損はないでしょう。

 価格満足度97%、まだ知らないあなたは損しているかも? お困りごとはココナラにお任せ!

A8.net(アフィリエイト)

A8.netは自分のブログに広告を掲載し、収益を上げるアフィリエイトです。

アフィリエイトの場合、一度広告を掲載すれば半永久的に収入を確立できます。

そのため他のサービスよりも安定しており、パソコン一台でも始められる点もメリットといえるでしょう。

もしも北海道の田舎に転勤になってしまい収入を上げることに困っていれば、一度自分のブログを開設してみても良いかもしれません。

初心者でも安心のサポート!アフィリエイトを始めるならA8.net

 

まとめ

このように第2の主要都市であり、住みやすい地方都市として、旭川は移住先地域として非常に人気のある街です。

自然があるため子育てにも最適でありながら、栄えているので仕事面でも安定がしています。

一方で冬の厳しさなどのデメリットもありますが、総合的に見て、北海道へ移住をする際、移住先の候補としては、非常におすすめできるエリアの1つです。

ぜひ冬の厳しさに臆することなく、旭川への移住を検討してみてはいかがでしょうか?

仕事 住まい 市町村
スポンサーリンク
Noah

採用コンサルを経験後、フリーランスのWebライターとして就活向けメディア、人事向けメディアなどHR業界を中心に多数ライティングを行っています。

HR業界で得た知識と北海道育ちの知識をかけ合わせ、北海道移住後、安定した仕事を確保しながら快適に過ごすための情報を中心に発信していきます!

Noahをフォローする
Noahをフォローする
Going北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました