北海道の食糧庫!帯広・十勝へ移住するメリット・デメリット解説

スポンサーリンク
住まい
この記事は約7分で読めます。

本気を出せば食料で天下を取れる?!食料自給率1000%越えの帯広・十勝ってどんなところ?

道外の皆さんは帯広・十勝へどんなイメージを持っているでしょうか?

アイススケートのメダリスト、極寒の地、田舎、など様々あると思います。

しかし中でも帯広・十勝の食のレベルは非常に高く、食と言うよりかは食料としての底力は非常に強いものがあります。

そこで今回は、ちょっと田舎の帯広・十勝エリアの基本情報や、転職後のメリット・デメリットについて解説をしていきます。

 

帯広・十勝の基本情報

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/index.htm

 

まず最初に、帯広・十勝についての基本的な情報と、帯広と十勝の関係性です。

 

北海道は、そのあまりにも広大すぎる土地のため、全部で14の襟に分けられています。

帯広市はその中の一つである十勝支庁の中に位置し、いわば十勝の中に帯広があると言った関係性になります。

帯広市

  • 人口:165,216人
  • 面積:619.34km²
  • TEL:0155-65-4133
  • FAX:0155-23-0172

帯広・十勝の特徴

次に、帯広・十勝エリアの特徴について解説をしていきます。

何と言っても、14支庁の中でも自然が豊かで圧倒的な土地の広さを誇っています。

それも、ただ無造作に自然が乱立しているのではなく、自然と文明の共存が上手く図れており、自然を生かした農業や畑作が盛んです。

そのため、圧倒的に1次産業に強く、帯広や十勝エリアの小学校・中学校の給食が他のエリアよりおいしいことは、道内ではちょっと有名な話です。

そのため、自然に触れさせ、1次産業の重要性を教えたい家族連れの方などには非常におすすめの移住先とも言えるでしょう。

しかし一方で、仕事先を探すとなると必然的に1次産業に寄るのも事実であり、都会の忙しいビジネスに疲れ、のんびりと農業を行いたい人なんかにもおすすめです。

 

帯広・十勝の家賃相場

家賃そんな帯広・十勝エリアですが、広大な土地があり余っているので、家賃相場も若干安めの地域となっています。

  • ワンルーム:4.6万円
  • 1K:4.7万円
  • 1LDK:5.5万円
  • 2LDK:6.6万円
  • 3LDK:7.7万円

(出展元:スーモhttps://suumo.jp/chintai/soba/hokkaido_/sc_obihiro/)

詳細は上記の通りで、札幌と比べると比較的相場が安いため、家賃で自分の懐が圧迫されることはないと言えます。

ただ、旭川などと比べると大差なく、一見高いと感じるかもしれませんが、上記はあくまで相場です。

ちなみに帯広に住むのであれば、交通の便的にも車が必須となるため、駅から遠いエリアでも家を探すことを視野に入れなければなりません。

そうすると、駅から遠い家賃の相場はさらに低くなるため、上記の家賃相場よりも約5000~8000円程度家賃を下げることも可能です。

帯広・十勝の仕事情報

帯広・十勝エリアでは、先述通り一次産業が盛んです。

そのため、実際に農業や畑作を行う農家、それらを運ぶドライバー、さらにそれらを調理するレストランスタッフなど、一次産業から派生した求人が多い傾向にあります。

そのため、高度な専門スキルなどが必要ないケースが多いため、都会から移住をし、ジョブチェンジを考えている人には、未経験スタート可能な求人が多い帯広・十勝はおすすめのエリアと言えます。

他には施工管理技士や整備士など、土木・建築系の募集が多い傾向があるため、若い方であれば、将来的に手に職をつけることを目指し、資格の取れる職種へ挑戦することも良いでしょう。

帯広・十勝のメリット・デメリット

多くの魅力をもつ帯広・十勝エリアですが、その反面デメリットもやはり存在します。

移住を検討している人は、一度デメリット・デメリットを参考にし、よく考えて検討してみてください。

メリット

広大な土地で農業が盛んな帯広・十勝エリアは、もちろん食材がおいしかったり空気が綺麗であったりと、イメージ通りのメリットはたくさんあります。

しかし実は、少し車を走らせ郊外に行くと、大型スーパーやホームセンター、ショッピングセンターなどがあり、生活に不自由が少ないことをご存じですか?

そのため、いざとなれば必要なものが揃う一方で、普段は人混みにもまれイライラすると言うことはないので、非常にストレスフリーな生活を送ることができます。

また物価も安いため、移住前と年収が変わらなくても、相対的に自由に使えるお金も増えるでしょう。

デメリット

一方のデメリットは、冬の厳しさと車の必要性ですが、これはもう北海道へ移住を考えるのであれば、札幌以外すべての街で付きまとう問題です。

そのため、もう開き直って、車と冬の問題は前提だと思ってください。

それ以外で言うと、帯広・十勝エリアは食糧自給率が1000%を超えるため、それらの食材を活かした多くの個人経営の飲食店が多い一方で、大手チェーン店が少ないため、都会の頃と同じ食事は難しいでしょう。

また商業施設もあることのにはありますが、生活に困らない程度のレベル感です。

そのため、多くのブランド品や人気商品があるかと言うと、そうではありませんし車がないと通えません。

そのあたりの不便さも、一定の人からはデメリットとの声が上がっています。

北海道の引っ越し・光回線を安く済ませよう!

 

北海道は家賃が極めた安いです。

札幌中心部で、駅チカ、1LDKのデザイナーズマンションも5万円台で住めます。

しかし、そんな好物件どうやって探すの?引っ越し代はいくらかかるの?と疑問を抱く人もいるでしょう。

そんなときは、以下サービスを上手く利用し、お安く便利な賃貸に引っ越しましょう。

合わせて生活必需の光回線もセットで解説していきます。

  • アパマンショップ
  • トレファク
  • ソフトバンク光

アパマンショップ

アパマンショップは、意外と北海道の優良物件を多く取り揃えています。

そして、登録をしてもしつこい電話とか営業がないので、自分のペースでゆっくり家探しが出来るのも魅力ですね。

意外とスーモやアットホームとかには載っていない、「隠れた好物件」も多いのでぜひ併用していきましょう。

勤務地が決まったら!物件満載のアパマンショップでお部屋探し

トレファク

北海道は賃貸価格が安いです。

首都圏では破格の値段で、ありえない広さの部屋を駅前に借りることだって出来ます。

ただ、そうなると引っ越しの荷物が増え費用が高くなりますよね。

そこでトレファクの引越し費用の一括見積りサービス上手活用しましょう。

「料金相場と他社比較」がすぐにできるので、最もコスパの良い業者をすぐに選ぶことが出来ます。

 

不用品って売れるんです!引越と買取なら[トレファク引越]

ソフトバンク光

街中であれば問題ないですが、田舎の方は電波があまり良くありません。

最近は格安Wi-Fiも多いですが、なんだかんだ言っても「ソフトバンクの回線は速い」す。

(筆者も自宅でフリーランスの仕事をするときはソフトバンク光一択です)

リモートーワーク前提で、田舎に移住を考えているのであれば、Wi-Fiは通信速度の高いソフトバンク光が最有力候補です。

当サイトからソフトバンク光に新規お申込みで最大75,000円キャッシュバック!

 

まとめ

このように、圧倒的な食糧自給率で安定した暮らしを実現できる帯広・十勝エリアですが、基本的には田舎ながらも不自由のしない程度の発展が魅力で、非常に移住しやすいエリアの一つです。

確かに、冬の厳しさと車の必須という点では札幌などと比べて不便を感じるかもしれませんが、一度多忙なビジネスから離れ、自然の多い一次産業に触れてみたい人には圧倒的に帯広・十勝エリアはおすすめです。

未経験から始められる仕事も多いので、移住先でジョブチェンジなどを考えている人は、ぜひ帯広・十勝エリアも候補に入れてみてくください。

住まい 市町村
スポンサーリンク
Noah

採用コンサルを経験後、フリーランスのWebライターとして就活向けメディア、人事向けメディアなどHR業界を中心に多数ライティングを行っています。

HR業界で得た知識と北海道育ちの知識をかけ合わせ、北海道移住後、安定した仕事を確保しながら快適に過ごすための情報を中心に発信していきます!

Noahをフォローする
Noahをフォローする
Going北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました