北海道の移住は札幌or田舎?タイプ別最適エリアの徹底診断

スポンサーリンク
仕事
この記事は約8分で読めます。

自然に囲まれた田舎or何でもそろう便利な札幌 北海道の移住先を徹底解説

北海道の移住と聞いてイメージするのが、広大な自然や、札幌での便利な生活様々あると思います。

様々なブログで都会と田舎のメリット・デメリットの解説がされていますが、現実問題どっちが良いか迷う人も多いでしょう。

そこで今回は、都会の札幌からド田舎の伊達までを経験した実体験を基に、タイプ別おすすめのエリアと、メリットを解説していきます。

田舎と札幌の仕事情報

北海道で移住をしようとすると、ブログなどではよく「仕事がない」など解説されることが多いですが、実際のところは探し方によって支援金を受けながら転職できる企業も多くあります。

田舎

田舎での仕事探しは、正直大変です。

数も少ないため、探すのには苦労するでしょう。

そこで、効果的な探し方とどのような仕事があるかを詳しく解説します。

まず探し方ですが、北海道で知名度の高い「ジョブキタ」という求人誌と「シゴトガイド」の2つは外せません。

ジョブキタのメインは札幌近郊ですが、ある程度であれば地方の求人もカバーしています。

シゴトガイドに関しては、各地方ごとに求人誌が組まれているので、情報の少ない田舎でも、多くの情報を手に入れることができます。

また、海沿いの地域では主に水産業・加工業、十勝などの内側に行くと農業などの一次産業の募集が主になります。

他にもドライバーなど基本的には体を使う仕事がメインのため、体力に自信がある人は、田舎で体を動かす仕事を探すのおすすめです。

札幌

札幌は基本的に仕事探しに困ることはないでしょう。

サービス業からIT、商社など様々な職種で募集があり、求人情報も多いです。

また札幌で仕事を探すのであれば、本社別検索機能がある「マイナビ転職」を利用することがおすすめです。

他の大手求人媒体と比べ、マイナビ転職は唯一本社所在地を絞り込んで検索できます。

そのため、北海道移住で支援金がもらえる企業や、転勤のない企業のみを探すことができます。

その他にも「キャリアバンク」なおど、札幌を中心に行われている人材紹介サービスなども充実しているので、転勤なしの本社勤務を探すことも簡単にできます。

田舎と札幌の住まい情報

家田舎と札幌の場合、住まい選びの際は単なる家賃以外にも注意しなければいけない点がいくつかあります。

田舎

札幌と比較して田舎の家賃は圧倒的に安いです。

平均的に見ても、同条件で2~3万円ほどは安く見積もっても大丈夫です。

ただ、圧倒的に交通の便が悪いので、車は必須と言えるでしょう。

駐車場も5000円前後で借りることができるため、駐車場込みでも田舎では家賃を節約することができます。

しかし、12時前にコンビニが閉まったり、土日に水道管が凍結すると月曜日まで修理が来なかったりと、不便なことも多いことは否めません。

そのため、田舎で暮らすのであれば、事前に起こりうるトラブルを考慮し対策建てた生活は必須と言えるでしょう。

札幌

札幌の家賃相場は、1LDKで5~6万円あたりと、東京と比べると安い部類です。

ただ、駐車場が非常に高くマンション横であれば1万5000円前後、月極駐車場でも1万円前後と非常に高い上、月極駐車場の空きを探すのも一苦労です。

そのため、まずは車を持つ持たないか、駅からどれくらいの範囲に住むかは事前に確認する必要があります。

また、菊水や西18丁目(地下鉄東西線)あたりであれば、すすき野や大通りからタクシーで1メーターで収まるので、中心部に用事が多い人は大通りから2駅以内がおすすめです。

田舎と札幌の助成金情報

実は意外なことに、北海道も移住者を増やす計画が淡々と進められているため、多くの支援金が存在します。

そのため、せっかく移住をするのであれば少しでもコストを抑えられるよう、支援金についても確認を忘れないようにしてください。

田舎

田舎のメリットとして、「町おこし協力隊」の存在があげられます。

これは、これから発展を目指す地方の市町村の発展を手伝う仕事に従事した場合、一定の支援金や家賃の補助を受けられう助成金です。

場合によっては、一軒家をそのまま無料で借りれたり、身の回りの経費を大きく負担してくれたりと、メリットの多い市町村もあります。

ただ一方で、正社員採用ではなく、1年間の契約社員となるので、その後のキャリアをどうするかは事前に固めておく方が無難でしょう。

札幌

札幌の支援金は、奨学金の返済や指定企業ごとの支援金がメインです。

札幌市の定める企業へ就職することで、50万円前後の支援金や奨学金の免除を受けることができます。

また、指定企業もサービス業、建築業、IT、介護など様々です。

若手であれば未経験からの採用も積極的に行っている企業が多いので、一度札幌市の指定企業を確認し、支援金がもらえる企業を検討して見ることも良いでしょう。

家族構成べつ田舎と札幌すすめ

家族移住した時と老後では、大きく状況が変わってくるため、北海道への移住を検討するのであれば、老後のことを考慮しつつエリア選択をする必要があります。

一人暮らし

一人暮らしの場合、基本的には札幌中心部の1LDKなどへ移住することがおすすめです。

田舎に行くと出会いが無かったり、新規の友達ができないなど、意外と寂しい思いをすることも考えられます。

その点、札幌では新たな人と出会うスポットが多いため、今後のビジネスチャンスにもつながるため、一人暮らしを貫く予定であり、お金に余裕があるのであれば大通近郊に引っ越すことがおすすめです。

家族持ち(子供なし)

家族持ちで子供がいない場合は、札幌と田舎と両方の選択肢があります。

まだまだビジネスをしていき、現役プレイヤーを貫きたいのであれば札幌や、札幌に変える江別、恵庭、北広島あたりも良いでしょう。

逆に、将来の設計が固まっており、田舎でゆっくりと過ごしたいのであれば、各地方への移住もおすすめです。

ただ、老後のことを考えると、田舎過ぎると何かと不便のため、どこかのタイミングで石狩管内には引っ越した方が無難でしょう。

家族持ち(子供あり)

子どもありの場合は、完全に教育方針によって異なります。

小さいうちから教育に力を入れるのであればば、札幌近郊への移住が良いでしょう。

家族数人で暮らすとなると、部屋数も増え4LDKなどが必要になると思いますが、札幌市内では10万円を超えることも珍しくなく、家計を圧迫してしまいます。

そのため、高校は札幌に通うことを仮定すると、バスで30分程度でアクセスできる札幌近郊がおすすめです。

逆に、自然に囲まれた幼少期を過ごさせたいのであれば、田舎への移住も選択肢の一つです。

ただし、地方の場合は札幌に比べ平均年収が低いため、子供の人数や進学のことを考え、共働きや副業も視野に入れた方が良いでしょう。

北海道の引っ越し・光回線を安く済ませよう!

 

北海道は家賃が極めた安いです。

札幌中心部で、駅チカ、1LDKのデザイナーズマンションも5万円台で住めます。

しかし、そんな好物件どうやって探すの?引っ越し代はいくらかかるの?と疑問を抱く人もいるでしょう。

そんなときは、以下サービスを上手く利用し、お安く便利な賃貸に引っ越しましょう。

合わせて生活必需の光回線もセットで解説していきます。

  • アパマンショップ
  • トレファク
  • ソフトバンク光

アパマンショップ

アパマンショップは、意外と北海道の優良物件を多く取り揃えています。

そして、登録をしてもしつこい電話とか営業がないので、自分のペースでゆっくり家探しが出来るのも魅力ですね。

意外とスーモやアットホームとかには載っていない、「隠れた好物件」も多いのでぜひ併用していきましょう。

勤務地が決まったら!物件満載のアパマンショップでお部屋探し

トレファク

北海道は賃貸価格が安いです。

首都圏では破格の値段で、ありえない広さの部屋を駅前に借りることだって出来ます。

ただ、そうなると引っ越しの荷物が増え費用が高くなりますよね。

そこでトレファクの引越し費用の一括見積りサービス上手活用しましょう。

「料金相場と他社比較」がすぐにできるので、最もコスパの良い業者をすぐに選ぶことが出来ます。

 

不用品って売れるんです!引越と買取なら[トレファク引越]

ソフトバンク光

街中であれば問題ないですが、田舎の方は電波があまり良くありません。

最近は格安Wi-Fiも多いですが、なんだかんだ言っても「ソフトバンクの回線は速い」す。

(筆者も自宅でフリーランスの仕事をするときはソフトバンク光一択です)

リモートーワーク前提で、田舎に移住を考えているのであれば、Wi-Fiは通信速度の高いソフトバンク光が最有力候補です。

当サイトからソフトバンク光に新規お申込みで最大75,000円キャッシュバック!

 

まとめ

広大な大自然のイメージが先行しがちな北海道ですが、このように意外と札幌派と田舎派と大きく分かれます。

そして、幼少期を伊達、青年期を恵庭、社会人生活を札幌と様々な土地で過ごした筆者から言うと、基本的に片道1時間で札幌に通える範囲が、両方のメリットを得られるため住みやすいと言えます。

ただ個人の意見に過ぎないので、北海道へ移住を検討している方は、自分の将来像や家族の未来などを考えて、この記事を参考にベストなエリアを見つけて、移住を失敗させないようにしてください。

仕事 住まい 助成金 市町村
スポンサーリンク
Noah

採用コンサルを経験後、フリーランスのWebライターとして就活向けメディア、人事向けメディアなどHR業界を中心に多数ライティングを行っています。

HR業界で得た知識と北海道育ちの知識をかけ合わせ、北海道移住後、安定した仕事を確保しながら快適に過ごすための情報を中心に発信していきます!

Noahをフォローする
Noahをフォローする
Going北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました