写真の町東川町へ移住〜東川スタイル〜

スポンサーリンク
市町村
この記事は約6分で読めます。

北海道上川郡東川町

 

こんにちは、yukiです!

今回は、「写真の町」として有名な東川町を紹介して行きたいと思います。

東川町の基本情報

写真引用:https://town.higashikawa.hokkaido.jp/about/industries.php

東川町は北海道上川郡にあり、豊かな米所として知られています。

上川郡と聞いてもピンとくる人の方が少ないと思うので、簡単に言うと北海道の真ん中くらいです笑

近隣には北海道の第2の都市旭川市が隣接しており人口は約8000人程の町です。

人口約8000人の町ですが近年、定住者が増えているこで注目を集めています。

また、日本最大の自然公園「大雪山国立公園」の区域の一部になっています。

アクセス

紹介して行きます。

札幌市ー東川町

・車→約3時間30分(有料高速道なし)

・JR→約1時間20分(札幌駅から旭川駅)※旭川駅からは車、またはバス

旭川市ー東川町

・JR旭川駅から車、バス→約30分

・旭川空港から車、バス→約15分

「写真の町、東川町」

 

東川町が写真の町となったのは1985年に自ら「写真の町」宣言を行いました。

有名な写真家を輩出したわけでも、写真関連の企業が東川町にあったわけではありません。

では、なぜ「写真の町」宣言をしたのでしょうか。

当時の東川町は観光客減少に大きく悩んでいました。

そこで、役場の人たちが目をつけたのが

北海道最高峰の旭岳を中心に美しい景観が360度広がっている東川町ならではの

「美しい風景✖︎写真」で町の魅力を全国、世界へアプローチしていこうという形から

「写真の町」宣言を行いました。

ユニークな施策であり、町民の方は本当に成功するか疑心暗鬼な状態だったと思います。

「写真の町」宣言をした東川町は「東川町国際写真フェスティバル」を開催し、各界の著名人などを審査員に迎えるなどを通して認知を高めてきました。

その結果、写真を通して東川町には多くの観光客や写真家が東川町へ足を運ぶようになり、

「写真の町」として成功しています。

いまは、「写真首都文化」宣言をしています。

※これはあくまで一例を簡単にまとめたものなので、この他にも様々な施策や困難があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Visit Higashikawa(@visit_higashikawa)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Visit Higashikawa(@visit_higashikawa)がシェアした投稿

東川町への移住メリット・デメリット

「写真の町」で地域活性はしているものの移住となるとメリット・デメリットは知っておきたいですよね!

デメリット

○冬がとにかく寒い・雪が多い

冬になると−20度から−30度の極寒となります。濡れたタオルを外に持っていきブンブン回すと

一瞬で凍るくらいの寒さです。

また、豪雪地帯の為、雪が異常に多いです。1日で70センチくらいの積雪も普通くらいです。

なので、一軒家だったりすると雪かきが一苦労です。

○車が必須

東川町に限ったことではなく、北海道の地方で暮らす場合は車は必須となります。大きいスーパーや

病院は大体都市部にあるので。

また、東川町には鉄道が通っていなので、隣接する旭川市にいくにも、車かバスになります。

今は、ガソリンが高騰しているので家計には痛いですね。。。。

○働く場所が少ない

就職となると働く場所は少なく、隣の旭川市まで働きに出ている人がほとんどだと思います。

旭川市までは車で約30分くらいなので、そこまで苦にならない時間と言えるでしょう。

しかし、冬は大変かもしれないですね。。。。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Visit Higashikawa(@visit_higashikawa)がシェアした投稿

メリット

○水がおいしい

東川町の蛇口を捻ると大雪山の天然ミネラルウォーターが出てきます。

殺菌処理なども一切していないので、コンビニで買うミネラルウォーターと一緒なのです。

北海道内でも珍しい地域となっています。

※エリアいよっては違う場合もあります。

○東川町の教育

お子様がいる家庭にはここは外せないポイントですね!

東川町小学校はなんと総工費38億円で建て替えられました!38億!!!

とにかくここの小学校は広すぎます!

野球場にサッカー場に多目的広場にもう小学校というよりは一つの運動公園のような感じですね。

運動嫌いな子供達も自ずと運動が好きになってくれそうな雰囲気が感じさせられます。

また、教育にも熱心なため、一部ではフィンランド教育が取り入れらています。

 

○東京が近い

実は、東京が近いんです!

東川町から旭川空港あでは車で約15分でそこから飛行機で羽田空港までは約1時間半と新千歳空港からより少し早くなっています。

また、新千歳空港の15分圏内に家を建て場合は土地代がすごく高くなり、東川町に同じように家を建て場合とは大きく変わってく流ので、東京と行き来する人で自然が好きな方は絶対東川町がおすすめです!

○人が優しい

北海道の人は基本みんな優しいと思いますが、東川町は特に優しいです!

それは、実際に行ってみて感じください!

知らない人でもすれ違ったら挨拶します!

 

東川町まとめ

今回は、写真の町東川町の紹介を簡単にしてきました!

いかがでしたか?

東川町は夏と冬では全く別な景色を楽しめる町です。

是非、一度足を運んでみてください!

星空はとっても綺麗です!

最後に子育て世代にも定年後でもどんな世代の方にも東川町は魅力あふれる町だと自信を持って紹介できます。

ほんとはまだまだ書きたい事がありますが、今回このくらいで終わります。

東川町では移住体験なども行っていますので、ぜひ体験してみてください!

では、この記事を参考に東川町という可能性を感じてください。

美しく生きる|東川町に住んでみませんか?
美しい大地に、美しく生きる 写真の町 東川町に住んでみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市町村
スポンサーリンク
yuki

北海道の大手企業に勤めながら、フリーランスとしても活動中。

北海道一周の旅をえて、自身の目で見た景色を元に、北海道のリアルな一面を多数紹介していきます!

yukiをフォローする
yukiをフォローする
Going北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました