【北海道移住前に知っておくべきこと】札幌の雪が観測史上1位

スポンサーリンク
市町村
この記事は約4分で読めます。

札幌の雪が24時間で60センチ!観測史上1位の降雪量で立ち往生続出

 

北海道の移住を考えた際、雪は切っても切り離せません。

札幌など都心部は大丈夫と思う人も多いと思いますが、今年の札幌の雪は少し違いました。

道産子のリアルな実体験とともに、今年の札幌の雪事情を解説していきます。

JRは終日運休!ホームまで振った札幌の雪

そもそも今年はいつもより雪が降るなと、道産子も感じていました。

特に2月6日の夜は異様に降るなと思っていたところ、2月7日は終日JRが止まっていたようです。

積石も1メートルを超え、除雪も間に合わないほどに。

普段3車線の道路もほとんど1車線状たい、歩道も歩けないほどになり多くの学生、社会人にダメージを与えました。

そもそも札幌の雪は多いの?

今回の積雪量は少し例外的です。

北海道へ移住を考えている人のほとんど全員が、「冬の雪が心配」と思うでしょう。

その考えは正解で、基本的にどこにいても雪の悩みはつきません。

ただ札幌のような都心部であればある程度除雪が入り、滅多のことがない限り生活に支障が出ることは珍しいです。

基本的に夜に雪が降ったとしても、次の日に足の踏み場がないことも多くありません。

ただ今回の記録的な札幌の雪は歴史的見ても例外なので、普段このレベルで雪が降ることはないので、北海道移住を考えている人は安心して下さい。

札幌の雪2022年2月6から7日の現状

実際の札幌の町並みを少し紹介します。

この光景、一度は北海道移住の前に見ておいて、実際の生活をイメージしてみて下さい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

café雫屋(@cafe_shizukuya)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

札幌の雪1.外が真っ白になるほど降り続けている

これは2月6日昼時点の雪です。

写真でも分かる通り大粒の雪が降っており、本来であれば見える遠くの景色も見えないほどに。

このときはまだ「結構降るな」くらいでした。

札幌の雪2.車が出られないほど積もっている

次の日コンビニに行こうと思い歩いていたところ、月極駐車場に埋もれた車を発見しました。

よくあることなのですが、除雪が入るタイミングで駐車場にある車は、その周りだけ除雪され取り残されます。

ちなみに次の日に救出すればよいのですが、この雪が固まると高確率で出られなくなるので注意して下さい。

札幌の雪3.コンビニまでがちょっとしたサバイバル

この道はいつもコンビニに行くまで通る道で、この3倍ほどは歩道の幅があります。

ここまで来ると向こうから来た人とすれ違うことも困難です。

動画広範囲「止まれ」の標識が出てきますが、雪山に登って頑張れば届きそうです。

北海道移住を考えると、この雪道で歩くこと、この周りを運転することは宿命になります。

札幌の雪4.誰かが頑張った押しボタンの形跡

遠目から横断歩道を見ましたが、すぐにボタンが埋まっている事に気づきました。

どう見ても雪の高さがボタンよりも超えていたので。

ただゆっくり近づいていくと、誰か先駆者が開拓した後を見つけました。

おそらく横断歩道を渡るために誰かが掘ったのでしょう。

運が悪いと自分がこの先駆者をしないといけない時もあるので、札幌の雪には要注意です。

 

歴代1位の降雪量は個人的におもしろい!

JRが終日全運休みになったり、除雪が間に合わず積雪量が大変なことになった一方、筆者は冬が好きなので実はテンションが上がっています。

特にマンション済みなので雪かきとは無縁ですが、一軒家を持つと一日3回以上雪かきが必要なことも。

もしも北海道へ移住し、雪に対して懸念があればいきなり一軒家はおすすめできません。

まずはマンションを借りて、冬を2回くらい過ごして慣れてから、一軒家を検討してみて下さい。

道産子の実体験に寄るささやかなアドバイスです。

市町村
スポンサーリンク
Noah

採用コンサルを経験後、フリーランスのWebライターとして就活向けメディア、人事向けメディアなどHR業界を中心に多数ライティングを行っています。

HR業界で得た知識と北海道育ちの知識をかけ合わせ、北海道移住後、安定した仕事を確保しながら快適に過ごすための情報を中心に発信していきます!

Noahをフォローする
Noahをフォローする
Going北海道

コメント

タイトルとURLをコピーしました